紫外線からお肌を守り美白を保つための対策について

お肌の美白のためには、紫外線は大敵です。炎天下の夏場だけでなく、曇りの日でも気温の低い日でも紫外線は降り注いでいます。



また時間帯によっても日差しの量は違い、午前10時から午後2時までが最もその量は多いのです。



また、直接日に当たっていないつもりでも、建物や地面に反射した紫外線にも気を付けなければなりません。紫外線によって肌はダメージを受け、乾燥しやすくなり、将来的にシミができる可能性が高くなります。



皮膚のメラニン色素の生成が活発になることで、せっかくの白い肌も黒ずんでしまうのです。



お肌の美白を保つためには、日常的にできることから紫外線対策をする必要があります。


まず簡単に行えるのは、外出する際には帽子や日傘を使用することです。



半袖の服を着るときには、綿素材などの涼しげな手袋をはめたり、首にはストールやスカーフを巻いて日焼けを予防するようにしましょう。


サングラスや、UVをカットするコンタクトレンズなども使用したいものです。


日差しは目にもダメージを与え、その結果目から脳へとメラニン色素の生成指令が出て、お肌に黒ずみやシミができてしまいます。
しっかりと目も、日光から守ることがお肌を守ることにもつながるのです。


また日焼け止めは毎日塗ることが基本です。
顔だけでなく、肩や首、背中など、服から出ている部分すべてに塗るようにしましょう。



日に当たるとお肌は乾燥して美白の妨げになるので、十分に保湿することも大切です。


関連リンク