美白のためには1年中紫外線から肌を守るべし

美白には紫外線は大敵です。



もちろん適度な紫外線はビタミンDを作るのに欠かせませんが、浴び過ぎは禁物なのです。

肌細胞を傷付けてシミやそばかす、はたまたシワやたるみを引き起こす原因ともなるからです。そこで強い紫外線から肌を守ろうと、日焼け止めや帽子、手袋などを使用する女性が増えています。



ただ、ここで注意しておきたいのが美白のためには1年中気を付ける必要があることです。

しっかりケアしているといってもそれは紫外線の強いと言われる夏場だけ。


それ以外の秋から冬などは何もしていない人は意外と多いようです。
実は肌に悪い紫外線にはA波とB波の2種類があって、夏場に特に強くなるのはB波の方で、実はA波は年間を通して降り注いでいるのです。



それに実はA波の方が波長が長いため肌の奥深くまで浸透し、ハリや弾力をもたらすコラーゲンやエラスチンなども破壊する可能性があるのです。
つまり、年間を通じて降り注ぐA波から肌を守る美白ケアのためには、1年中UVケアを怠ってはならないのです。



日焼け止めなどに記載されているSPFとPA。



前者がB波、後者がA波を防ぐ指数、つまり春から夏にかけてB波が強い時期はSPFの強いものを、それ以外は適度にPAがあるものを使用するといいのです。

とにかくUVケアしたいからといって常にSPFもPAも強いものを使用すると、肌に負担をかける結果となってしまうので、季節やシーンによって使い分けるといいでしょう。



関連リンク