コピー機のリースについて

バナー

コピー機のリースについて

書類を使う事の多いオフィスでは、コピー機は欠かす事が出来ません。

オフィスにあるコピー機の中でもリースのものは多く見られます。では、リースの利点とはなんでしょうか。

まず、一番の利点は、リースの場合初期費用はかからないと言う事にあります。

直接機械を購入すれば費用は大きいですが、リースであれば機械自体の料金は無料です。

また、購入ではないので、固定資産税も発生せず、勘定項目は経費扱いに出来ます。


月額料金も固定されているので、それ以上の料金にならないと言うのも良い点です。

余り使わないと言う場合は購入してしまった方が安く済む場合もあります。次にあげられる利点は、保守契約のサービスがある事です。
コピー機は、故障した際の修理費用、ドラム交換等にかかる費用が高額です。

複合機やカラーコピーの出来る機種の場合、中身が複雑になる分故障の頻度も上がります。

購入の場合は、それらのトラブルの度に修理を依頼し、出張費、部品代を支払う事になります。

しかし、リースの場合は、保守契約さえしておけば出張費はかかりませんし、部品交換日もかかりません。

定期的にサービスマンがオフィスに訪問して、コピー機の内部をチェックしながら、状況に合わせてトナー交換や、ドラムの掃除等のメンテナンスも行います。

不具合の修理をしても治らない場合はコピー機自体を交換してくれる事もあります。

購入の場合とは違って、リースの場合は、修理の対応も迅速です。契約先にあるコピー機の機種もリース会社は把握しているので、故障の連絡をする際に、使用機種の説明をせずに済み、その機種に詳しいサービスマンを派遣して貰える点も利点です。

リース契約をする為には、与信審査に通る必要があります。


審査用紙を取り寄せて、記入し、結果を待ちます。

すぐにはリースを検討していない場合でも、与信審査だけ受けておくと、必要になった際にスムーズに契約をする事ができますので、事前に審査の申し込みをしておくと良いでしょう。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2014/12outline.html
http://japanblueberry.com/merit/goods.html
https://www.youtube.com/watch?v=XZsdDH9sOtg

埼玉の不動産担保ローンの最新情報が知りたい方にはこちらです。





どんな人にも大阪の探偵事務所情報選びはインターネットで行う時代です。

詳しく知りたいISO27001の費用情報の公開中です。